出演団体紹介3

 

日本各地・琉球諸島の民俗芸能

■ 団体名

□ 形態・ジャンル・演目など

□ 紹介文・メッセージなど

□ HP・ブログなどのURL



■ 中野七頭舞チャランケ祭有志組

□ 岩手県岩泉町小本・郷土芸能

□ 中野七頭舞は岩手県岩泉町小本地区に伝わる芸能です。七種類の道具で七つの踊りを踊ります。

   岩手県沿岸北部は昔から現在も五月から八月にかけて「ヤマセ」と言われるオホーツク海から吹き下ろす冷たい北東風の影響で作物が育たず苦しんできました。特に天保の七年枯渇(けかづ)は七年続きの冷害で作物が採れず年寄りや幼い子供が飢餓の為命を落としました。産まれた子も育てられないため川に流したそうです。百姓一揆が多かったのも此のような事情が関係してると思われます。

   その頃に豊作を願って神楽のシットギジシ舞を基本として七頭舞、七ッ舞、七つ物が誕生したと伝えられています。七頭舞の最初に踊られる「道具取り」は神楽の権現舞とよく似てます。シットギジシ舞の中に単純ですが七ッ物があります。神楽のいいところを組み合わせて作り上げたのが七頭舞です。

 

   地元の岩手県岩泉町小本は、2011年の津波で家や学校を流されて多大な被害を出しました。そして去年の台風10号で再び被害を受けました。中野七頭舞チャランケ組のメンバーにいつも温かく指導してくださる「中野七頭舞保存会」も幾度の被害を受け演舞の自粛しておりましたが、佐々木会長の「100年後も地元で七頭舞が踊られている」という想いを胸に一歩ずつ前に進んでおります。今後も中野七頭舞をどうぞよろしくお願いします。

https://www.facebook.com/nakanonanazumai/

■ 森の踊り衆

□ 岩崎鬼剣舞

□ こんにちは。私達は自由の森学園を卒業した、OB.OGの団体です。日本の踊り、太鼓に魅せられて月2回程、稽古を行い今年で30周年を迎える事が出来ました。チャランケ祭では、皆様と楽しみ、お酒を酌み交わし、芸能の話で語りあえたらと思います。宜しくお願いします。

■ シーサーズ&サムイーズ & 三鷹三線テーゲーの会有志

□ 沖永良部島の歌踊り □ ちくたぬ米・稲しり節

□ 琉球諸島の小さな島にもその島ならではのユニークな歌や踊りが伝承されてきました。歌や踊りは祈りから生まれてきたといわれています。稲や粟が実り平和に暮らせますように、という願いを込めて農作の踊りをチャランケ祭の場で奉納します。

■ 與儀睦美・金城吉春・波照間史

□ 琉球古典舞踊 □ 汀間当(てぃーまーとぅー)

□ 金城吉春による25周年特別演目です。今年の8月に沖縄・辺野古に想いを寄せて行われた集会で琉舞を披露された與儀さんと、琉球古典太鼓の波照間さんとともに、文化が世界の架け橋となることを願いながら、辺野古・大浦湾に隣接する集落(名護市汀間)発祥の踊りと歌を響かせます。