出演団体紹介1

 

アイヌのウポポ・リムセ歌と踊り)

■ 団体名

□ 形態・ジャンル・演目など

□ 紹介文・メッセージなど

□ HP・ブログなどのURL



■ ペウレ・ウタリの会

□ ペウレ(若い)・ウタリ(仲間)の会は、1964年夏、阿寒湖畔 で働くアイヌと和人の交流から生まれました。以来53年にわたり 、アイヌ民族と非アイヌ民族の交流を続けてきました。毎月の例会で、アイヌ民族の言語・舞踊などの文化を学んでいます 。また、学習会やシンポジウムを開催し、さまざまなイベントにも 参加してきました。アイヌ民族の権利を擁護し、差別や偏見のない社会をつくるための活動を続けていきます。  

■ AYNURUTOMTE(アイヌルトゥムテ)  

□ アイヌの歌と踊り

□ 先祖の残した大切な文化を地域にこだわらず多種な歌、踊りを子供達に伝え、時にはアレンジしながら伝承、活動中!

■ いなほ保育園・けやき組

□ 温かく斬新な教育方針で注目される埼玉・桶川市にある保育園。 約20年前、チャランケ祭の発起人のひとり広尾正さんがアイヌの踊りを教えにいっていたつながりがあり、第一回から参加しています。ちいさな子どもたちが可愛らしく踊ります。

■ 和光小学校/和光鶴川小学校

□ 1回目から毎年関わらせていただいてきた世田谷の和光小学校と町田の和光鶴川小学校です。私たちの学校では各学年で日本の民俗舞踊に取り組んでいます。兄弟校として1年生は一緒にアイヌの踊り、6年生は別々にエイサーを踊り、最後にガーエーで交流します。

■とおるんぺの会

□“とおるんぺ”はアイヌ語で“沼に住むもの”つまり“カエル”のことです。“チャランケ”は、とことん話し合って問題を解決すること。蛙のようにがやがや言い合いながらも、決して争いでなく多民族共生の精神でやっていくことが大事ですね。私たちは、アイヌ古式舞踊を中心に、今回も北海道の“ソーラン節”をキッズたちが元気に踊ります。北海道から沖縄まで日本中の平和と自然を愛するみんなの心が一つにつながるように精いっぱい踊りますので、どうぞよろしくお願いいたします。